Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ほにやら日記(翻訳のお仕事と通訳訓練)

翻訳したり短歌書いたりギター弾いたりしてます。一人で通訳の訓練をしてます。

DID (ダイアローグ イン ザ ダーク)

少し前に友達とDialogue In the Darkというイベントに参加しました。

暗闇の中で視覚障害を持つ人に助けてもらいながら色々な体験をするイベントです。

参加者8人+ガイドで白杖を手に光のない空間を通り抜けてゆきます。

中にはカフェもあって飲み物や食べ物も楽しめます。

(ビールもありました!私は下戸なので飲めないけど)

 

実家近くの街灯のない田んぼのわきの道を、星明りのない夜に自転車で通った時の心細さを思い出しました。

見えないって、不安でした。

 

イベント後に明るいところでみんなで話をしましたが、参加二回目の人や、言語聴覚士の方も参加していました。

私は不安で一生懸命喋ってしまったけど、ガイドさんがイベント後に聞くことも大事なんですよ、と言っていました。

上記の二人の方は、必要なことははっきりと伝えていましたが、きちんと周りを聞いていたなぁと納得しました。

 

 

なかなか知り合う機会の少ない視覚障害者の方と、もっとお話をしていろいろお聞きしたかったです。

自分と、(例えば)家人が見ている世界が違うように、またはそれ以上に視野を広げてくれるんじゃないかと思います。

 

 

自分を変えてくれる経験は大切です。