ほにやら日記(翻訳のお仕事と通訳訓練)

翻訳したり短歌書いたりギター弾いたりしてます。一人で通訳の訓練をしてます。

通訳と翻訳

地方に引っ越すため、仕事をどうしようかと考えています。

通訳の仕事があればやりたいのですが、逐次だけだとかなり限定されそうです。

 

時々知人のつてで直接翻訳の仕事をもらっているので、翻訳に軸足を移したほうがよいのかな、と迷ってます。

とりあえず翻訳エージェントには登録しました(通訳の登録もしているところ)。

大学の卒業証明書まで取り寄せての登録になりました。

名古屋にある大学なので郵送で申請したら電話で確認がきました。

教務部の人って親切だな、そういえば在学中も親切だったな、と思い出しました。

大きな大学だったので自分の学部の教務の人しか知りませんが。

 

 

通訳の仕事の選択肢としては、定期的に大都市圏にきて短期の仕事をするか

地方で社内通訳の仕事などを見つけるのが妥当なのかもしれません。

(定期的に東京に滞在して仕事をしている友人の例があるので)

 

 

翻訳は先日、翻訳コースの入学試験を受けました。

英日では表現の工夫ができている、日英は自然で、稚拙でないとあった一方

どちらも原文の解釈で微妙なずれがある、と指摘されたので自分の課題にします。

この課題は通訳での訳出を磨いてゆくうえでも役に立つはず。

 

翻訳コース受講は、引っ越しのばたばたもありまだ迷ってます。

 

Remove all ads