Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ほにやら日記(翻訳のお仕事と通訳訓練)

翻訳したり短歌書いたりギター弾いたりしてます。一人で通訳の訓練をしてます。

そんな温泉だったら入りたくない

知ってると思っていた単語だけど、文脈から知らない意味で使われている言葉にあうことがあります。

 

先日は Commute/Commutation を辞書で引きました。

edition.cnn.com

の話です。

家人が「??恩赦かな?」と推測していました。

判決を変更(おそらく短縮)した、ということは想像できますが、

リーダーズ英和辞典では

(法)減刑

でした。

 

 

追記)想像もつかない単語だと悩みます。そんな単語の一つが、最近聞いた Dossier です。

www.bbc.com

 

 

この少し前、同じように見えて違う状況に当たったことがあります。

調べごとがあって某温泉施設のHPを見ていたのですが、温泉の名前にinsect という単語が入っているのです。

 

虫?いや、何か私の知らない意味があるに違い…と思ったのですが、よーく見たら/考えたらこれ機械翻訳

 

どう考えても、「砂むし風呂」が「Sand insect hot spring」って機械翻訳っぽくありませんか?

地の文章が機械翻訳の文章には見えないので謎は深まるばかりです。

 

 

将来、機械”通訳”が出てきたときにSand insect hot springって訳出されたらお客さんは相当驚くでしょうね。