Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ほにやら日記(翻訳のお仕事と通訳訓練)

翻訳したり短歌書いたりギター弾いたりしてます。一人で通訳の訓練をしてます。

できもしないけどウィスパリング

通訳

能力的にまだまだウィスパリング通訳はできないけれど
目の前で誰も止まってくれない会議となればやるしかない。
(日英です)

できないなりに、できる限りやってるんですが
参加者の方が咳とか、勝手に他で話を始めると途端に訳出できなくなる。
花粉症の時期と、風邪流行時は最悪。
今も結構咳する人が多いんですが、何か流行ってるのかな?
ビルの空調がよくないのもあるんだろうけど。

でも、実際咳なんてホンの数秒の音なのに、そこで自分の訳がピタッと止まってしまうのは何なんでしょう。

後、(小さい声でも)他で話をされるとメインの話が頭に入ってこなくなるのは単なる私の集中力の問題なのか。
はたまた、脳みその構造として他で音が聞こえると否応がなしにそっちに耳が行ってしまうのか。

つい「そこ、静かに!」って言いたくなりますが、そんな注意してる間に会議はすすみ、私の訳は止まる。。。


難しいです。