Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ほにやら日記(翻訳のお仕事と通訳訓練)

翻訳したり短歌書いたりギター弾いたりしてます。一人で通訳の訓練をしてます。

映画の趣味が悪いのかもしれないが

近所にあるレンタルDVD屋の(ついレンタルビデオ屋と書きそうになる)メンバーズカードの期限が切れていたので
更新ついでに映画を借りてきている
100円で借りられる旧作うだうだ観ている

今のところ

英国王のスピーチ
小さな村の小さなダンサー
故郷の香り
ベルリン 天使の詩
コーヒー&シガレッツ←今週借りてきた


「あなたのベスト映画は何ですか?」
と聞かれた時、つい頭に出てくるのは
パルプフィクションだけど
何でいつもこんな(失礼)映画が一番に出てくんのかと考えていたら
ひとつ思い当ることがあった


1998年、3月位に延々とパルプフィクションを見てた時期があり
一日2回くらい連続で観ていて
それが原因なのかと思う
そんなに観ても、嫌いにならなかったってことは
やはりいい映画なのかもしれない


ちなみにこれは、フィリピンにしばらく行くために
英語を覚えようとして、
パルプフィクションを何回も見れば覚えられるだろう
と踏んでやってたわけで
なぜこの時に、サウンドオブミュージックとか
せめてティファニーで朝食を、とかにしていれば
違う人生だったかもしれない




今思えば、パルプフィクションで覚えた英語なんて
普通の会話で使えるわけがなく
一体私は何がしたかったのかと

同時期(1997年秋)に物理の勉強をしようとして
シュレーディンガーの猫」を借りてきてた時は
友達に突っ込みを受けていたけど
この映画の選択には、過去の私に
激しく突っ込みを入れてやりたい




で、最近観たDVDで面白かったのは
一番最近の、コーヒー&シガレッツ
ちょっとパルプフィクションに通じる雰囲気もあるんだけど
2人が、コーヒー飲んでタバコ吸って話をしてるだけ



なんだけど、これが面白んだよね